関西グッド・トイ委員会へようこそ


by toykansai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:活動報告( 29 )

関西グッド・トイ委員会の会員の皆様、おもちゃ関係団体の皆様

新年明けましておめでとうございます。発足して2年目の本委員会ですが、 ゆっくりとではありますが、皆様のご支援をいただきながら、歩んでいきたいと思っています。今年もよろしお願いします。

皆様のご健康と、ご多幸をお祈り申し上げます。
[PR]
by toykansai | 2010-01-06 00:14 | 活動報告

あそびカフェ 報告

9月27日にあそびカフェを開催しました。野田駅(地下鉄、阪神)海老江駅(JR)から
徒歩10分くらいで大阪NPOプラザに到着。参加者と一緒に話をしながら歩くと、あっという間の距離でした。この日は、神戸や豊中、姫路など遠方からの参加者もあり、大人9、子ども4名の参加
でした。うち子ども3名は女の子の3人姉妹。そのうち2人は双子だそうです。とても楽しそうに過ごされていたのが印象的でした。もう1人の子どもは1歳、コンサルタント会員、Nさんのとてもかわいいお嬢さんの参加でした。

さて、コンサルタント会員、Nさんは遅れてこられましたが、無事到着!!。みなさんと共に、講師の富田栄子さんが教える、『えさをついばむ小鳥』を牛乳パックで作りました。小鳥2羽を色塗りして、あらかじめ、型作りされた通りに切って、組み立てていきます。完成は横軸を左右に引っ張ると、2羽の小鳥がえさをついばむ仕掛けになっているのです。
あまりの可愛らしさに、思わず名前をつけたくなるような、そんな楽しいひとときでした。


第1部は終了して、代表(よなは)が準備した、みかんやチョコレート、おかき、麦茶をいただきながら、30分のしばしの歓談タイムに・・・・講師の竹田ひとみさんに持参していただいた、素敵なおもちゃの数々を触りながら、ゆったりとおもちゃの話に華が咲きます。

歓談・休憩のあとは、講師の竹田ひとみさんによる『新聞紙ワーク』です。新聞紙でいろんなあそびが展開できるのを皆さんはご存知ですか??ビリビリと破ってみるのも案外と新鮮ですね。
縦に引き裂いて、その引き裂いた新聞を2人ペアになって、どっちが強いか、組ませて引っ張り合いをはじめます。昔、よく松の葉はじめ雑草などでやりませんでしたか??。ごく自然なあそびですね。

次に2枚重ねてクルクルと縦に巻いていけば、棒に変身!、また新聞紙そのものをくちゃくちゃに丸めれば、ボールにも変身!そのボールを広げた新聞紙の中央に置いて、新聞紙を閉じて勢いよく広げれば、ボールは高く上にあがります。棒も身体を使って平衡感覚を養うあそびの手助けになったり、床に置いて、皆さんの棒を集めれば、ひとつの図形にもなります。掛け声で立てた棒から手を離し、隣の人の棒を落ちる前の瞬間に取るあそびなども・・・・本当にたくさんのあそびが展開できるこどを学んだ有意義な研修会でした。

またこんな楽しいひとときをメンバーの皆さんとともに過ごせたら幸せですね。お疲れ様でした。
今回、残念ながら参加できなかった方も、是非次回にご参加の調整をお願いします。まだまだ
お会いしてない方もたくさんです。お会いできるのを楽しみにしています。
[PR]
by toykansai | 2009-09-27 22:30 | 活動報告
先日の海の日(祝日)の午後、代表のヨナハは、娘(3歳)をクルマに乗せて、京都府相楽郡、木津川の清流と緑の山々に囲まれた町のおもちゃのアトリエ、arumi toyを訪れました。木の香りが漂い、温かみのあるおもちゃが並んでいました。決して多くはありませんでしたが、ひとつひとつ丁寧に仕上げをされているおもちゃたち。ここの住人、木のおもちゃ作家・前田歩未さんはショップと工房を併設しています。奥では材木を切る大きな機械が置かれていました。木のおもちゃは、それぞれに木目が違っていて、木のそのままを感じてもらえるように水生着色料を使用し、乳児が舐めても害がないような塗料を使用されているそうで、環境にも配慮したおもちゃなのです。もちろん、おもちゃは子どもの学ぶ力を育みます。手にとっての手触りを感じたり、遊び方をいくつも見出したり、大人とのコミュニケーションのツールにもなるおもちゃです。
某外資系の大型おもちゃ店には、箱に入った大きなおもちゃが並べられています。もちろん子どもを対象に作られたおもちゃではあるのですが、手作りの木のおもちゃには大量生産されるプラスチックやアルミ合金のおもちゃとは違って、ひとつひとつが、手に取り遊ぶ子どもの姿を想像して作られているぬくもりがあり、子どもによって仕上がりを変更して、その人だけのおもちゃを作ることもできるのが、木のおもちゃの良さだと思います。そんなことを改めて感じたひとときでした。おもちゃは東京おもちゃ美術館でも販売されています。
おもちゃのアトリエ、arumi toyは7月末をもって、しばらく産休でお休みされます。再会は来年の春頃とのことです。新しい命の誕生も嬉しいことですね。 酷暑の最中での、涼しい時間を過ごさせていただきました。
文:ヨナハ
[PR]
by TOYKANSAI | 2009-07-24 21:11 | 活動報告

発送しました

入会登録された皆様へ、本日7月21日(夜)、会報・ご案内・また回答いただきたい
内容の封書をメール便で発送しました。明日以降2日~3日以内に届くかと思います。
お手許に届かない場合は、事務局ヨナハまでご連絡下さい。
少し、分厚い内容となっていますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

内容物の中に回答がありすが、メール等で回答したい!!という方は、添付可能な
メールアドレスから、その旨の連絡をください。折り返しそのメールアドレスに空白の
回答書を送らせていただきます。

もし、携帯電話のみでパソコンなどの環境が無い方は、回答をわかりやすく、
文字入力して回答いただいても結構です。

もちろんFAX(※送信時間は厳守)、郵便でも受け付けますので、ご協力お願いします。
返信に伴う費用については、各自ご負担下さいますようお願い致します。
[PR]
by TOYKANSAI | 2009-07-21 22:27 | 活動報告
11月3日(土・祝)に、大阪YMCAひろば内でひねもす教室ともこもこアート教室を開催しました。

午前の部「ひねもすでヘリコプターを作ろう!」

a0074669_19133851.jpgひねもす教室ではおなじみのヘリコプターをみんなで作りました。
最初に見本。「みんな!このヘリコプター・・・・飛ぶんだぜ!見てろよ~」
みんな、かたずを飲んで、ヘリコプターを見守ります・・・・
飛ぶのかな・・・?どうやって飛ぶんだろ・・・・
おもむろに、しんちゃんがヘリコプターに手を伸ばして・・・・
バタバタバタバタ・・・ いやいや、手で持ってますやん!!
ええ!!そんなことないって!!じゃあ、もっかい見ててみぃ~!
・・・・・もっかいかたずを飲んで見守るみんな・・・
おもむろに。。。ヘリコプターに手を伸ばして・・・・
バタバタバタ・・・・ やっぱり手で持ってるやん!!!
いやいや!!!じゃあ、もっかい!もっかい!!
ここまでくると、みんな、かたずを飲むのを我慢できずに吹き出しちゃいます。みんなかわいいね!

a0074669_19134954.jpgひねもすを実際にチラシからつくるのも体験なのですが、私がイベントで行う場合は、あらかじめ色紙を巻いてカラフルにしたひねもすをあらかじめカット・穴あけをして、最後にプラモのように組み立てる部分を楽しみます。実は、あと、何気に子どもたちにとって醍醐味なのが・・・・あふれんばかりの色とりどりのパーツから自分のパーツを選ぶのがいいんです!パフォーマンスで、もったいぶってザルにどさっと入れたものを取りに来てもらうと、みんな目の色を変えて選んでいましたよ!
実際にひねもすの機会で2本の棒つくってみて、カタナを作るのもやりました。みんな、くれぐれも人にむけちゃだめだよ~!


午後の部「もこもこアート体験」
a0074669_19142238.jpg最初は、牛乳パックのコマを用意していたんです。1時間半、すぐにあきちゃったらどうしよう・・・・ってのが、一抹の不安でした。「いやいや、どうせみんな集中するで」ってのが近藤さんの意見。「私は午前はバレーの試合だったから疲れてるのよ!」っていうのが竹田さんの意見。
ふたをあけてみれば・・・・もこもこアートって、やっぱり優秀だなって思いました!一時間近く、誰しもがあきずに、もくもくと作品を作っています!名前も知らずに隣同士になった男の子たちが、なにか作っています。大人のみんなは分かりませんが、どうやらポケモンのキャラクターらしいです。へぇー、こういうところは共通語になるんだなと関心。はさみを共用で使っていたのですが、はさみを占領しているのはだれ???というのは、参加者のお父さん!!すごく細かい作業で、人気アニメのキャラクターチョッ○ーを作っていました。でも、本当に精巧で、すごい!!ハサミを駆使するから、仕方ないね、と、笑いながらもう一つはさみを用意しました。みんな想像力爆発。見本どおりにいろいろ作ってみるのも楽しいんだよね。
a0074669_19144348.jpgどこでイベントやっても大人気のこの「もこもこアート」みなさんも、是非とも体験してみてくださいね!
[PR]
by toykansai | 2007-11-06 19:15 | 活動報告
あけましておめでとうございます。
今年もクッドトイ関西をみんなで盛り上げていきましょう。

a0074669_2535179.gif新年初のグッドトイカフェは、戸井さん直伝おもちゃ作り講習。「あの戸井さんが!?これは行かなくっちゃ。」福葉も参加しました。(また遅刻・・・。ごめんなさぁい~)
まずは万華鏡作り。クラフテリオの工作キット(200円)を使いました。
 ・あえてはさみを使わず手でちぎる、
 ・フタを置いて本体を持ってはめ込むと、万華鏡の中身がこぼれない
などなど、ほほぉ~とうなずくコツをおしえてもらいましたよ。
a0074669_254598.gif万華鏡の中に入れるものを子どもたちに考えてもらったり、野外へ出かけていって自然物をいれる実践は、なるほど~とみんな感心。スパンコールだけでなく、ボタン、ちぎったチラシ、アルミ箔、刻んだ輪ゴム・・・。身近なもので、こんなに面白い模様ができるとは驚きでした。

a0074669_2542653.gifそして、白熱した皿回し。ひょい、とやってみせる戸井さんをみて、簡単にできると思うのですが大間違い。苦戦苦戦大苦戦。意外と難しいのです。戸井さんの細やかなアドバイスのおかげで、みんな、回せるようになりました。

最後は牛乳パックのコマ。簡単にできるこのコマ。小さい子にも回しやすくていいですね。簡単な分、こんなのどう?と次々にオリジナルを作り出す参加者たち。さすが、トイコン魂。


a0074669_2544152.gifおもちゃ作りも皿回しもみんな真剣。「みんななんでも一番になりたいんやからぁ~」う~ん、確かに、常に『もっとおもしろく』を考えるのって、トイコンの性分かもしれませんね。
楽しい2時間、あっという間でした。戸井さん、快く引き受けてくださってありがとうございます。

【追記】
今回の研修に参加された與那覇さんが、早速、万華鏡作りを地元で開催されたそうです!

1月21日、14時~大阪・羽曳野中学校出身の障害を持つ仲間の同窓会が羽曳野中学校であり、いつも出席している私ですが、今回は戸井カフェで作った『万華鏡~ヨナハ風』をしました。戸井さんに確認した後、キットを個人取り寄せをして分解、障害を持つ仲間が作りやすいように工夫、準備をして、20名が楽しみながら万華鏡を作りました。
[PR]
by toykansai | 2007-01-19 02:58 | 活動報告
12月 友遊カフェ ダイヤモンドシティ・アルルでのグッドトイ展

日時:12月9日、10日
場所:ダイヤモンドシティ・アルル(奈良県橿原市)
時間:10時~18時(うち30分の手作りおもちゃ教室を5回開催)
内容:グッドトイ展、パネル展示、手作りおもちゃ教室

a0074669_13382789.jpg奈良で開催される「ダイヤモンドシティ・アルル」にてグッドトイ展「グッド・トイ おもちゃフォーラム」が開催されるにあたり、関西支部がグッドトイ展の遊びの指導と手作りおもちゃ教室にて参加協力をしました。1日5回開催する手作りおもちゃ教室では、かさ袋と紙コップで作る「びっくり箱」と、ペットボトルでつくる「空気砲」「剣玉」(2種類つくる)の2つのおもちゃ作りを交互に行いました。

a0074669_1338399.jpg日ごろから手作りおもちゃ教室を行う我々ですが、ヘッドフォンがたのマイクを装着して舞台の上に立ち、司会を交えてのおもちゃ教室は初めての方が多く戸惑いましたが、やっていくうちに戸惑いもとれ、普段のとおりに指導ができ、いい経験になりました。


a0074669_1338553.jpg

[PR]
by toykansai | 2006-12-11 13:39 | 活動報告
a0074669_1238852.gif関西スタディツアーが無事に、盛大に開催されました!
参加されたみなさん、感想はいかがでしたか?よろしければ、こちらにコメントを残してくださいね!
活動報告は、追って掲載いたします!
*写真は現代手作り玩具館での活動の様子
[PR]
by toykansai | 2006-09-19 12:38 | 活動報告
奈良で開催される「遊 おもちゃ博ぱぁとⅡ」にスタッフとして参加します。
大阪府立大型児童館ビッグバン、NPO法人世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」のご協力の他、近隣のグッドトイ・メーカーとの連携がポイントです。
日 時:7月29日(土)10時~15時 *スタッフは9時に集合
場 所:生駒市北コミュニティISTAはばたき (近鉄奈良線富雄駅よりバス)
主 催:子ども舎”宙”
協 力:NPO法人世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」
     大阪府立大型児童館「ビッグバン」、木と布のおもちゃ屋さん「perle」
     豆玩舎ズンゾ、株式会社コト、株式会社一歩、株式会社ヨシリツ 他
備 考:お弁当と僅かですが交通費が出ます。

a0074669_3143664.jpg福葉さん・柳生さん親子の参加に加え、スタッフとして田中。ビッグバンスタッフとして川口さん、戸井さん。豆玩舎ZUNZOより宮脇さんと、関西支部メンバーが大活躍!多くの方に支えられたおもちゃ博も、お陰さまで650人のご来場をいただき、前回の大パニックとなることなく大盛況に開催することができました。見よ!開場時のこの長蛇の列!!今回も、グッドトイメーカーも大活躍!ゆうもあさんもお馴染みです!

LAQ(株式会社ヨシリツ)a0074669_3201254.jpg
LAQの店頭や広報ディスプレイ用の作品は、羽曳野の授産施設に外注を出しているとのこと。LAQ作品製作という仕事の魅力と、授産施設を生産システムに組込む姿勢に感動です!また、見学に伺ってみたいですね!
ちなみに、ディスプレイ用にお借りした「ティラノサウルス」が、気がつけば、跡形もなく粉々に分解されていました・・・怪獣は子どもたちの方でした。(笑)ヨシリツさん、ごめんなさい!!!

ドレミマット(株式会社 一歩)a0074669_3174091.jpg
2回目の大きな目玉のひとつとなった一歩さんの参加。広いスペースに惜しげもなく広げられた多彩なスポンジおもちゃ。本来、教材用として作られて主に学校などに販売しているために、なかなか地元での認知度が低い「隠れた奈良名産品」を、多くの人が、ふわふわモコモコしながら楽しんでいました!中でも、「もこもこアート」の体験コーナーは大盛況!常に満員!!小さいスポンジをペタペタ貼って立体作品を作るおもちゃですが、大人も子どもも夢中になって作っていました!次回のグッド・トイ最有力??

世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」a0074669_3175390.jpg
「前回でのゲーム体験がおもしろくて楽しみにしていた。」という声を来場者から伺いました。奈良ではまだまだ馴染みの浅い世界のボードゲームの体験は、やはり新鮮で、今回も終始、大好評でした!!何よりフル稼働していただいたスタッフのみなさまの説明がおもろい!!一回体験すると、やみつきになっちゃいますよ!

ひねもす(株式会社 コト)
a0074669_318670.jpgひねもすの「紙とんぼ」づくりと「ドームづくり」を行いました!子どもたちの食いつきの良さを感じるのですが、チラシから棒を手づくりすることがおもしろいみたいですね。自作のためにそれほど「飛ばない」紙トンボですが、大満足でもっていきます。ドームは、自由に作れる状況も作っておいたことがよかったらしく、ユニークなドームができていると思えば、次の瞬間にはバラバラになってたり、モスジョイントを集める作業も宝物探しみたいで楽しかったみたいです。

豆玩舎ZUNZO
a0074669_3181795.jpgうちの代表自らが参加してくれたおもちゃ作り。奈良でも大分、ZUNZOが定着してきました!!今回は、サブローごまがお披露目っぽくなっていましたが、「ゲームの景品に!」と、10個くらいまとめて買っていただくなど、好評を得ていました!サンプルのこまはいつも回りっぱなし!!
[PR]
by toykansai | 2006-07-30 03:21 | 活動報告
 6月18日(日)晴れ、姫路市北の郊外・香寺町まで車を走らせ、世界でも高い評価を受けている「日本玩具博物館」に見学に行ってきました。a0074669_18253696.jpg地元の田路さんもお友達と子どもさんを連れて来て下さり、総勢12名が参加しました。ほのぼのとした田園風景の中にある博物館は、井上重義館長が1冊の郷土玩具の本との出会いをきっかけに、失われていく子どもの文化財を後世に伝えたいという思いで全国を歩き収集した玩具を、自宅の白壁作りの土蔵を改造して展示したことからスタートしたものです。
a0074669_16241542.jpg

玩具収集も展示室の建築も自らの手でされた館長の情熱は、博物館のあちこちから感じられます。6号館まである展示室では、現在では収集不可能な日本の郷土玩具や世界の玩具を常設展と企画展・特別展に分けて、いろんな角度から玩具の紹介をされていてとても見応えがありましたよ!(6号館の特別展「世界の鳥の造形」は公開時期前にも関わらず、関西支部の見学の為に急ピッチで作業して下さり、半分の展示を館長のガイド付きで見せて頂きました。スタッフのみなさんのお心遣いに感謝!!)
a0074669_18271882.jpg 今回の研修のもう一つのお楽しみは、(名物)井上館長のおもちゃ作り講座。ふるさとムード溢れるらんぷの家で、「からくりびょうぶ」を教えて頂きました。館長は、身近にある材料でおもちゃを作り続けてきた歴史を忘れてはいけないとワークショップや講座を勢力的にされているそうです。展示替えの時期で超多忙と聞いていたのに、玩具のこととなると熱弁してしまう館長・・・玩具の収集や博物館の歴史、運営、経営のことまでいろんなお話を聞かせて頂きました。10時過ぎに入館して5時間、玩具に囲まれとても穏やかで充実した1日を過ごすことができました。今回、参加できなかったみなさんも素晴らしい玩具に、そして井上館長に会いに行ってみて下さい。 

○館長著書  井上重義著 『伝承手づくりおもちゃ』草土文化
[PR]
by toykansai | 2006-06-19 02:10 | 活動報告