関西グッド・トイ委員会へようこそ


by toykansai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 18 )

7月8日日曜日、野路さんの活動されている子育てサロン「くらむぽん」にて、来る7月22日に行われる土佐堀サマーセミナーでのおもちゃ作り講座の準備の相談を持ちました。

参加者は、野路さん、與那覇さん、玉垣さん、西原の4名。

今回の出し物は、玉垣さん案で、「変わり屏風」パタパタとか、板返しなどとも呼ばれる伝統おもちゃです。
4人で実際に作ってみて、手順を確認しながら、子どもがわかりやすい説明のしかたも考えましたよ。

一番大変な、木を切る作業は玉垣さんがしてくださったので(ありがとう~)あとの簡単なパーツ(紙帯、ボンドを置く紙)を作成。(40人分です)

作業しながらおしゃべりしたことは・・・。
毎回、こうやって準備はみんなでしよう。
会のチーフを決めましょう。
ブログ・メーリングリストを活用しましょう。  ということ。

準備については、今までは準備は一人に負担がかかっていたし、当日に集まってすぐ本番、なんてこともよくあったので、事前に一回は集まるようにして、手順や役割の確認をしよう、ということに。

そして、一人にいつも負担をかけず、会ごとに中心になる人(チーフ)を決めて、事務処理、事前準備などの段取りをしよう、と。(あくまでも段取りのみ、作業はみんなで。)今回は與那覇さんがここまでしてくださっているのでお任せしますが、次回からは、参加できる人で回していきましょう。

こんな話をタイムリーにみんなに発信していこう、ということで、ブログの更新方法を與那覇さんから伝授してもらいました。メーリングリストは今は決定事項を流すのみの事務連絡に使っていますが、もっとフランクな相談事なんかにも使っていいよね、ともはなしてました。

事務局を定かにしよう、という話になると、野路さんが、「くらむぽん使っていいよ」と暖かいお言葉をかけてくださり、甘える事にしました。事前打合せに使わせてもらうこともできるとのこと。新大阪駅からすぐなので、ほんとにありがたいです。

できるところから、関西グッドトイ、変わっていけたらいいなぁ~。

以上、「今やるのが大事」という玉垣さんの熱い指導のもと、見守られながら、西原が投稿してみました。
[PR]
by toykansai | 2012-07-08 16:50
6月3日(日)に神戸の会員宅にて、関西GTの活動会議とバーベキュー食事会を行いました。
養父郡、神戸市、加古川市、京都伏見、茨木、吹田・・・各地からメンバーが駆けつけて下さいまして、とっても盛り上がった交流会となりました。会場は、個人宅でしたが、室内にいる愛犬(カレンちゃん)も大喜びで、ほっこりした時間となりました。リビングの隣の和室は「おもちゃミニ広場」に早変わり。参加者の子どもたちが遊びに夢中でした。
バーべキューは自宅前で・・・アウトドアセットは、なんでこんなにもあるの~??というくらい充実していました。養父郡メンバー自家製の持ち込み「ほうれん草」は絶品!!でしたよ。。。

あっという間の5時間でした。
[PR]
by toykansai | 2012-06-04 20:30

お見舞い申し上げます

関西グッドトイ委員会 会員、関係者の皆様

この度は東日本を襲った大地震が大きな被害状況をもたらし、
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
またご親族にも被害がある状況、まだ不明な状況、困惑した
状況の中での生活をされているかと思います。
全ての状況がわかり、今後の見通しが立つまでは不便な状況が
続くかと思いますが、今後の情報に注意をされますよう
お願い致します。

関西において太平洋沿岸に在住する皆様におかれましても、
避難勧告で心細い生活を余儀なくされているのではと、ご察しします。
重ねてお見舞い申し上げます。

皆さんの状況が様々だと思いますが、可能な限り復興へと尽くす
所存ですので、何かありましたらご一報下さい。

與那覇 章二



東京の多田千尋館長よりご報告がありましたので、お知らせします。

大変な大災害になってしまいましたが、皆様大丈夫でしょうか。
特に、東北地方の方々のご様子が心配です。
伺ったことがある、陸前高田、大船渡、久慈、気仙沼などTVから
報道される姿は眼を覆いたくなります。
心よりお見舞い申し上げます。

ご報告です。

●東京おもちゃ美術館
幸いなことに、怪我人はなく、避難誘導もスムースにいきました。
土の郷土玩具が若干数破損しただけですが、理事の春日さんの
コレクションを現在、細かく点検中です。
また、帰宅できなくなった四谷ひろばの利用者の方々やご近所の
方々の避難所、宿泊施設にもなり、数十名の方々が、体操マットを
敷布団にし、防災用の毛布を掛け布団にしていただいています。職員
たちも同僚の家に泊めていただくもの、車の送迎で帰宅できたもの
など、ほとんどのスタッフが無事何とか落ち着きました。私も先ほど
送迎を終え、帰宅したところです。
3月12日の東京おもちゃ美術館は臨時休館とします。

●病児の遊びセミナー
12日の成育医療センターでのセミナーは中止することを決定しました。
朝から交通網は復旧しそうではありますが、①余震がいまだ続いて
いること②災害の規模が尋常ではないこと、などを理由に担当理事、
担当委員と事務局協議で決定しました。
小林登先生という著名者の記念講演も予定されていましたので、
なるべく早い時期に開催したいものです。

以上です。

まだまだ予断を許すことが出来ない状況です。
くれぐれもお気をつけください。
多田千尋
[PR]
by toykansai | 2011-03-12 11:10
2011年3月29日~31日の日程で、大阪堺市にあります大型児童館ビッグバンにおいて
グッドトイキャラバンが開催されます。
関西からは3人のメンバーが『遊びのステージ』で活躍されます。
乞うご期待!!

28日準備 與那覇、川口(14時~) 

29日  午後~ 富田=大道芸の皿回し、ジャグリング
スタッフ補助=濱野

30日 午後~ 野路 絵本読み聞かせ(朗読会)
スタッフ補助=佐野

31日 午後~ 玉垣=クラフト(木工おもちゃ作り)
スタッフ補助=與那覇
[PR]
by toykansai | 2011-03-01 22:00
<記事内容1>
神戸で活動している「MomLabo」さんが協力される
イベントです。お近くの方は是非どうぞ!
詳細はこちらから・・・「MomLabo最新情報」
http://momcafe.blog54.fc2.com/blog-entry-290.html

◆9月1日(水)・・・わくわく親ひろば体験まつりin神戸

 前橋明先生(早稲田大学人間科学学術院)の講演や
 体験型ワークショップを開催。参加費無料。定員(約60名)

 あじさいの間で行なわれる「世界のおもちゃ体験」の、
 おもちゃ・展示品の提供として、協力をさせていただきます。 

 時間:午前9時15分~午後3時
 場所:神戸市立六甲勤労市民センター5階
 
 <主催・お問い合わせ先>
 特定非営利活動法人S-pace 
 わくわく親ひろば担当(神戸市立六甲道児童館)
 TEL 078-841-2331 FAX 078-841-3955
 http://sites.google.com/a/pref.hyogo.lg.jp/oyahiroba/topics


<記事内容2>


神戸でおもちゃの広場を行っている「MomLabo」さんの
レポートです。今回の「あそびのいろは」は、コクヨS&Tさんの
「ワミー」を使った楽しいワークショップでした。こちらからどうぞ。
リンク先:県民事業わくわく親ひろば「第12回おもちゃの広場」レポート
http://momcafe.blog54.fc2.com/blog-entry-762.html
[PR]
by toykansai | 2010-08-26 22:27

奈良から関西へ

奈良グッド・トイ委員会は、支部の事情により閉鎖し、関西グッド・トイ委員会へ入会することになりました。
奈良代表である、田中氏は、実は、元関西グッド・トイの豪腕!事務局長でした。ここから再び
田中氏が関西で活躍されることでしょう.

奈良の皆さん、関西でも楽しく過ごしましょう!!
今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by toykansai | 2010-08-26 21:30
11月21日(土)大阪府堺市にある大型児童館ビッグバンで、
関西グッド・トイ委員会のスタッフ15名の協力のもと、盛大に
おもちゃ広場が行われました。
雨の心配もありましたが、天候もよく、ビッグバンを訪れた親子ペア
の方々が数多く、会場の子ども劇場で楽しまれていました。
内容盛りだくさんの、それぞれのブースを紹介します。

まずは劇場入り口で『クツを脱いでね。遊んでいってね。』とにこやかに
四條畷おもちゃライブラリのスタッフ福永さんが案内してくれます。
舞台でのひねもす教室は、奈良グッドトイ委員会の賢明な4名のスタッフが
バックアップしました。代表の田中さんは、普段は障害者事業所の職員。その事業所のメンバー3名(中村さん、矢野さん、斉藤さん)と共に参加していました。スタッフのマナーからおもちゃ指導まで大忙しの田中さんでした。

舞台前では兵庫・姫路からスタッフ植岡さんが、地域の作業所ハーモニーの
授産製品『えとふうせん』を材料に、折り紙教室をしていただきました。
来年の干支はご存知ですか?・・・トラですね。十二支のそれぞれの特徴ある仕上がりが可愛くできていました。

またそのお隣では兵庫・高砂のスタッフ倉主さんが、ご自宅で材料準備を
していただいての手作りのストローとんぼを熱心に、新人スタッフの小野君
(関西代表の友人)、四條畷おもちゃライブラリのスタッフの山本さんと楽しく、教えています。なぜか?新しいストロー飛行機まで開発して、飛ばし方、本体の改良に力が入ります。ひろがり、創造性があるから、おもちゃづくりは楽しいのですね。広い会場を思いっきり飛ばすおもちゃは爽快で気持ちのよいものでした。

入り口付近では、保育士でもある神戸のスタッフ佐藤さん、幼稚園の先生でもある大阪・茨木のスタッフ竹田さんと共に、小さなテーブルの上で遊ぶおもちゃで、子どもたちと楽しくおしゃべりしながら、いろんなおもちゃで遊んでいます。大人も子どもも笑顔になる、おもちゃって素敵ですよね。

その隣では、元気あふれる四条畷おもちゃライブラリのスタッフ広瀬さんが子どもたちに声をかけながら、輪投げや木製パズルの遊び方を紹介して、思わず見ている周囲の大人も『がんばれ!』と声が自然に出ていました。

そして、神戸からのスタッフ玉垣さんが、自家用車いっぱいに、木製お手作りおもちゃ乗せて、会場まで運んでくれました。そのおもちゃは数十点の多くのおもちゃたちです。引っ張ったり、叩いたり、音を楽しんだり、転がして見て楽しんだりと・・・いろんな遊び方で、四条畷おもちゃライブラリのスタッフ八谷さんも教えてくれます。
ほぼすべて、釘やピンなどは使用しない、安心・安全なおもちゃには、手作りのぬくもりが伝わってきました。

そして、今回の企画の演出を担当した、與那覇は、当日までの準備で相当な時間を費やしてしまい、気力・体力共に衰えていたところですが、協力していただいたスタッフの皆さんのや当日訪れた親子の笑顔に、またまたエネルギーをいただいて、次なる企画構想を考え始めています。

スタッフのみなさん、お疲れさまでした。今回、参加できなかった皆さん、また次の機会での協力をお願いします。

また、今回はヤフーフォトギャラリーで、たくさんの写真もアップしています。
そちらも、どうぞご覧下さい。
※なお、掲載量が多いため、写真の画質を落としています。
お許し下さい。
今後ともよろしくお願いします。


Yahoo!フォト   http://photos.yahoo.co.jp/yonataradesu

関西グッドトイ委員会 與那覇 章二
[PR]
by toykansai | 2009-11-21 22:30
ビッグバンでの事業『おもちゃであそぼ!』のスタッフを募集中です。
おもちゃコンサルタント、おもちゃに興味のあるかた、
楽しいひとときを関西委員会のメンバーと共に過ごしませんか?
内容は、手作りおもちゃのスタッフ、乳幼児プレイゾーンのスタッフ、
おもちゃ広場のスタッフなど盛りだくさんです。
ご協力いただける方は、氏名、連絡先を明記の上、
下記までご連絡下さい。

実施日:11月21日(土) 13時00分~16時30分まで
当日11時からお手伝い可能な方、急募です。

場所:ビッグバン内 子ども劇場
『おもちゃであそぼ!』イベント
大阪府立大型児童館ビッグバン 
http://www.bigbang-osaka.or.jp/

大阪府堺市南区茶山台1丁9番1号 


スタッフ申し込み先
yona-tara@m2.gyao.ne.jp (ヨナハまで)
[PR]
by toykansai | 2009-10-29 23:38
四條畷のおもちゃライブラリで依頼を受けて、おもちゃづくりをする予定
でスタッフ募集していましたが、下記の理由で中止になりました。

2009年10月24日(土)13:00~16:00
四條畷南小学校 体育館
地域校区のふれあい祭りのイベントです。

中止理由: 校区内でインフルエンザで学級閉鎖が相次いだため
        実行委員会が閉鎖を決定しました。
        なお、中止に伴う延期はありません。
  
ひとこと: 
 
予定して準備をしていたのにがっかりです!
ですが、仕方ないですね。手洗いとうがいは基本ですね。
まだまだ電車内で、マスク未装着の方が圧倒的に多いのには驚いてますが
。 (by 関西代表)
[PR]
by toykansai | 2009-10-23 22:19
おまけやズンゾで行われたサブローゴマのデザインコンテストの審査員として招待され関西委員会のメンバーのヨナハとカワグチの2人が、コンテスト会場である、おまけやズンゾに行ってきました。

入るなり、会場には応募作品のコマがずらり、ぎっしりと並べられていました。その数は366点にのぼります。審査員の真剣な熱い視線に、代表して参加した私たち2人は圧倒されながら、熱気に包まれた会場で静かに審査を始めました。今回の応募作品は10ヶ月の赤ちゃんから、91歳のご年配の方まで、そして海外からアメリカ、フランスからも応募があり、数多くの作品の中から、幼児から小中学生部門の審査を依頼されました。関西委員会の審査基準(その場で決めましたが)は、独創性と回したときの驚き、わくわく感があるかどうかです!!皆さん、それぞれ心を込めて作成されたので、本当は甲乙つけがたく、すべての人に努力賞を!!といいたいところですが、3作品を選ぶということで、随分悩んだ結果、決めていました。ここでどんな作品を賞品対象の作品としたかお伝えできず、臨場感が感じていただけないのが残念ですが、とにかく、デザインの無限を感じました。中には太陽系の中の地球という壮大なドラマを描いた作品もありました。選ばれた方には、奈良支部代表のひねもす作品とトミタさんの手作りおもちゃがプレゼントされる予定です。
[PR]
by toykansai | 2009-09-10 17:27