関西グッド・トイ委員会へようこそ


by toykansai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

風まがり村、有馬玩具博物館を訪れて(與那覇さん報告)

a0074669_19174313.jpgこの度、私の娘の通う保育園を支える会の阿部秀明さんの紹介で、神戸にある『風まがり村』を訪れました。14時から15時半までの短い時間ではありましたが、村里さんご夫妻にゆったりとお話をお伺いすることができました。ショップでは、たくさんの『木製時計』『木製おもちゃ』が飾られていました。ご自宅にも、たくさんの大小のぬくもりのある『時計』が置かれていて、木のベンチ、木の机でお話をお伺いしました。飾られている時計は、ひとつとして同じものはなく、みんな個性があふれ、小さな秒針や、振り子が、まるで生命を感じさせるような“生きもの”でした。デジタル社会でどこか忙しく過ごしている日常ですが、風まがり村は、人間が作りだした時間という感覚を、自然な形で感じられて、のんびり、ゆっくりとした時間が流れている空間でした。
 家庭の中で、職場の中で、いつも見る『時計』だと思いますが、そんな時計が数字も刻まれていない針だけの時計だとしたら、みなさんどんな印象をもたれるでしょうか。
 
 続いて、車で30分ほどのところの有馬温泉街にある有馬玩具博物館を訪れました。ヨーロッパの玩具がたくさん置かれている中で、時々あるブラックユーモアのからくり玩具に興味津々で鑑賞していました。じっくりと、ゆっくりと展示品を見ることができて、触って遊べるコーナーもあったり、時間制のガイドさんによる玩具紹介も度々聞くことでき、ふれて、見て、聞いて、たくさん遊べるユーモアたっぷりの博物館。 時にはお酒も飲みながら鉄道模型ナイトショーを鑑賞できる日もあるそうで、ちょっとお洒落な大人の博物館でした。
有馬玩具博物館(http://www.arima-toys.jp/)
[PR]
by toykansai | 2007-02-13 19:18 | トイコンからの投稿