関西グッド・トイ委員会へようこそ


by toykansai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「木育」の講習会に参加しました

 9月8日、東京おもちゃ美術館(新宿区四谷)で開催された
 「赤ちゃん木育広場・木育寺子屋 事前講習会」に参加しました。
 
 この講習会は、林野庁の助成を受けていて、
 講習受講後、決められた事業を実施して報告を提出することにより
 事業で使用した木のおもちゃセット(赤ちゃん木育セット)をいただくことができます。
 
 3年目の今年は、申請をクリアした20組の個人と団体が受講しました。
 一昨年、昨年とあわせて、全国で100組がこの写真のようなセットを
 所有して、活動していくわけです。 (↓赤ちゃん木育セットの一部)
a0074669_21563744.jpg

 そもそも「木育」とは…意図的に作られた言葉です(*^_^*)
 取り組む団体によって定義も微妙に違うようですが、
 私たちは
  「木とふれあい、木に学び、木と生きる」
 という森林環境教育の考え方の略称である、と教わりました。
 
 おもちゃを通しての考え方も
 決して『木のおもちゃ至上主義』というわけではなく、
 ともかく、日本の現状として、
 木を使わないライフスタイルが浸透しすぎているという背景があり、
 その改善のために林野庁が取り組んでいる事業の中の
 ひとつとして、「国産の木のおもちゃ」を広く使ってもらう
 ということなのです。 
        (↓講義風景・・・東京おもちゃ美術館:撮影)
a0074669_21564391.jpg

 ・・・なのですが、狭いようで広い日本、
 住んでいる地域の森林率ライフスタイルの中での木との関わり方など、
 同じようで、少しずつ、いえ、ずいぶん違うこともあります。
 東京で習ったことを、地域の方にそのまま伝えればいいわけではありません。
  
 木は大好きです。「知識」プラス「好き」の気持ちを
 いかにして伝えていくかが、これからの課題、かな・・・(=^・^=)
 
 また、今回の講習会には関西から2人参加しました。
 これにより、大阪と兵庫のおもちゃコンサルタントで、
「おもちゃの広場」にかかわっているうちの5人が「赤ちゃん木育セット」
 所有することになりました。
 ・・・この5人を中心とした、『木育学習会@関西』という企画もアリかも(*^_^*)
 
 ◇木育広場事業についてはこちら → 木育にっぽん21

                                
 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆(とじ)★
[PR]
by toykansai | 2012-09-11 22:06 | トイコンからの投稿